〈観音崎周辺の生物調査〉

 

 神奈川県立 観音崎公園およびその周辺における生物調査を実施し、その状況を把握することで、自然環境保全の対策につなげることを旨とし、県民の利益の増進に寄与しています。また、観音崎周辺等生物調査事業の調査結果などに基づき、希少動植物の復元を行うことにより、観音崎公園の自然保全を図っています。その上で、当該公園をフィールド博物館として活用し、県民及び県外の方にとっての自然観察の場、触れ合いの場として創造させる事業を実施しています。


〈和田川の調査〉

 

 観音崎自然博物館の近くを流れる和田川において、地域と連携して生物相の調査をおこなっています。


 

〈三浦半島における水生昆虫の調査〉

 三浦半島(三浦市・横須賀市・葉山町・逗子市・鎌倉市・横浜市金沢区・横浜市栄区・横浜市磯子区)の水田や池、沼、湿地、川に生息する昆虫の調査を行っています。淡水域に生息する水生昆虫の減少は著しいとされており早急な調査が必要です。

 

 調査の対象種は、主に水生甲虫類(ゲンゴロウ、ミズスマシ、コガシラミズムシ、ガムシ等)、水生半翅類(タイコウチ、コオイムシ、アメンボ、マツモムシ、ミズムシ、ミズカメムシ等)、トンボ類です。

 

 調査結果は、観音崎自然博物館研究報告「たたらはま」で報告していきたいと思います。

 

 

 観音崎にも水生昆虫はいる??

 

 観音崎は海に近いため、海浜性の種や海洋の影響を受けやすい種が見つかる可能性があります。そのため2017年から近隣の池やビオトープ、タイドプール、水溜りを中心に調査を開始しました。

左からチャイロチビゲンゴロウ、ヘリグロミズカメムシ、ケシウミアメンボ


 

 
 横須賀市(特に東京湾にそそぐ河川流域)に生息するトウキョウサンショウウオの生息状況を調査しています。また、各地域に生息するトウキョウサンショウウオのDNAについても調べています。


 

〈三浦半島におけるヘビ類の分布調査実施中〉

  観音崎自然博物館では、2010年以降に三浦半島内(三浦市・横須賀市・葉山町・逗子市・鎌倉市・横浜市金沢区・横浜市栄区)で確認されたヘビ類の情報を集めています。

・確認地点名

・確認日

・確認者名

・証拠となる写真・または実物

 

 上記の条件で情報をお持ちの方は、観音崎自然博物館 学芸員 佐野までご連絡いただけると幸いです。なお、集めた情報は、当館の研究報告「たたらはま」で報告していきます。

 

 

 

 


〈タナゴ類の保全・研究〉

 全国都道府県等(行政機関)から依頼を受け、当館の設備を用いて、天然記念物のミヤコタナゴの人工増殖及び絶滅危惧種のニ ッポンバラタナゴ、カゼトゲタナゴの保全に関わる研究を実施しています。当研究は希少生物の生息する水域の自然環境保全に寄与するものです。また、タナゴ類が産卵床として用いる淡水二枚貝の野外における調査も行っています。


〈海外の希少タナゴ類の保全事業〉

 中国・韓国・ベトナムなど、それぞれに生息するタナゴ類の類縁性の比較及び保全に関する研究を以下に掲げる研究機関と共同して行うことにより、この研究分野についての国際交流の推進を図るものです。タイワンタナゴ、コウライボテ、チョウセンボテ、ウエキゼニタナゴ、カラバラタナゴ、カガミバラタナゴ、トゲバラタナゴ、Rhodeus notatusRhodeus laoensisRhodeus atremius ssp.、その他

 中国;上海海洋大学  韓国;韓国国立水産科学院 日本;観音崎自然博物館他


〈公園の植物維持管理〉

  当事業は、県立観音崎公園の指定管理者からの受託事業で、当該指定管理者の運 営方針である「県民とともに育む地域活性を担う観音崎公園つくり」に従い、同公 園の特性(東京湾内の数少ない自然海岸、灯台や大砲跡などの歴史的遺産等を有す るという特性)と課題(残された自然の保全)を踏まえて、同公園内の生物多様性 に配慮した植物維持管理を行うものです。

写真.イソギク、アシタバ、ソナレマツムシソウ、ハマダイコン、ミヤコグサ、ハマボッス