ジュニア生物調査隊

 

小学生を対象とした生物調査のグループを結成しました!


第8回 発表会に向けての作戦会議②

 

<開催日時>

2018129日(日)9:3012:00

 

<開催場所>

観音崎公園ボランティアステーション

 

<活動内容>

発表準備(作業)

 

<持ち物>

用意する物

筆記用具、各自必要な物(色エンピツ・クーピー・マジック等)、必要な人は実物、写真、発表内容等。

以下の表を参考にしてください。

 

 

博物館で用意できる物

・画用紙、模造紙、キャプション、ホワイトボード等

・図鑑(両生・爬虫類、磯の生き物、海の魚、トンボ、水生昆虫)

・実物(アオダイショウ、ヨシノボリ、ザリガニ、ミジンゴ)

 

※筆記用具、ハサミ、色エンピツ、クーピー、ポスカ等は、それぞれ用途があると思いますのでなるべく持参してください。

※発表会までに相談がある人は、いつでも相談にのります。博物館に来ていただければ個人的に指導することも可能なのでおっしゃってください。


☆今後の予定☆

 

〈ジュニア生物調査隊フェスティバル(発表会)〉

2019年1月6日 9:30-15:00

午前   :子どもたちの発表 

午後   :生き物について考える討論会 ※保護者の皆さん、一般の方もどうぞ

終了後:お疲れ様パーティ(15:00-16:00)※参加を希望される方は、会費として一家族につき500円いただきます。

 

〈ジュニア生物調査隊 企画展示〉

2019年3月24日まで、発表会の成果を博物館で展示したいと思います。

 

〈最後のフィールドワーク〉

2019年2月24日予定

希少種を保全している現場を見に行きましょう。

生物の出現状況によって、日程変更がある可能性もあります。ご了承ください。


プロカメラマンによる写真撮影・写真販売のご案内

 

 520日、ジュニア生物調査隊「水辺の生物調査」から、プロカメラマンが同行し、撮影した写真の販売を行います。活動時の様子を、写真を通して保護者様にお伝えしたいと思います。

 

※パスワードについては、当館学芸員の佐野から申し込み時に記入していただいたアドレスにメールを送らせていただきました。届いていないという方は佐野までご連絡ください。(2018年5月23日)

 【カメラマンプロフィール】

  フリーランスフォトグラファー

  佐野歩海

  横須賀市浦賀在住 横浜生まれ

   幼少の頃より、逗子・葉山等の海に潜り、自然に親しんだ生活を送っていた。

  変わっていく自然の中で、「見たこと、感じたことを記録に残したい」と思い、一眼レフカメラにより撮影を始める。

                                                  2014年より、水中・自然写真、家族写真、婚礼写真、企業広報誌等、ジャンルを問わず撮影している。

 2016年よりフリーランスフォトグラファーとして独立。  

 

〜カメラマン佐野歩海 お問い合わせ先〜

umimogurou@gmail.com

http://arukuumi.strikingly.com

 


 

〈講座の目的〉

  将来、自然や生き物に興味関心理解を持てる人材を育成することを目的とします。当講座は、生物学や環境保全に関する知識、技術、体験のスキルアップを目標とします。

 

〈対象〉

小学校1年生~6年生

主に淡水域の生物を扱います。一部、爬虫類や陸生の昆虫等を扱うこともあります。

 

〈受講費〉

・年間 20000

・博物館内の活動で、保護者同伴可の活動の場合、保護者1名は無料、2名以上 

 の場合入館料をいただきます。

・博物館外での活動の場合交通費は別途になります。

 

 

 

内容〉

・生物調査(フィールドは観音崎公園、三浦半島)

・採集や標本づくりの方法、生き物の保全に関するスキルアップ体験

・普段行かれないフィールドや珍しい生き物の観察

・生き物に関する理解を深める合宿

・夏休みの自由研究の指導

・保全や外来種問題について子どもたちが考え発表

・その他

 

〈2018年度のスケジュール〉

325日  ガイダンス

415日  ジュニア生物調査隊 1期生 結成式(顔合わせ、採集方法とテクニック)

520日  生物調査開始

624日  標本をつくろう!

821日  三浦半島のフィールド探検&夏休みの自由研究相談(合宿)

   22日  

916    珍しい生き物を見に行こう

1021  外来生物を見に行こう

1125日  ジュニア調査隊の作戦会議(発表会にむけて)

129日  発表会準備

16日  発表会(まとめ)

224日  「生き物を復活させるにはどうしたら良いか?」フィールドワーク

 

企画:観音崎自然博物館

隊長(担当):昆虫・淡水生物担当 学芸員 佐野真吾

観音崎自然博物館 239-0813 神奈川県横須賀市鴨居4-1120 

電話&Fax046-841-1533

※2018年度 隊員の募集は2018年4月10日で締め切りました。


2018年度 スケジュール表

※8月21日、22日の合宿については追ってご連絡致します。

 「ジュニア生物調査隊について」を2018年3月23日に更新しました。

ダウンロード
ジュニア生物調査隊について(20180323).pdf
PDFファイル 255.1 KB